切る時が肝心ビジネス電話!タイミングや言葉は?

ビジネスにおいて、取引先など外から電話がかかってきた際の対応能力は必須スキルと言えます。
その対応次第で相手が自分の会社に抱く印象が決まると言っても過言ではありません。

自分の会社での立場は関係なく、電話をしている間は自分が会社の代表という気持ちで正しいマナーで対応することが大切です。
電話を切るタイミングや切る際の言葉に気をつけてること。

不快な印象を与えない正しい言動

電話を終わらせる前に、相手に自分が切るという意思表示を伝えるためには、切る前に挨拶をすることは非常に大切なことです。

電話を掛けたのが自分か相手、どちらの場合でも最後に「失礼致します」「お忙しい中、本日はありがとうございました」「よろしくお願いします」などの敬意を表す言葉を選んで使うのが正しいマナーです。

これにより相手にこちらの電話の切るタイミングが伝わるので、突然切られたという誤解を与えることを防げるだけでなく、いい印象を与えて電話を終わらせることができます。

最後に切る時は受話器を置くのではなく、手でフックを押すことにより相手にガチャという不快な音を聞かせることもなく電話を切ることができるということを覚えておいてください。

切るタイミングを間違えないための正しい知識

せっかくそれまで上手に会話ができていたのに、切るタイミングを間違えると相手に悪い印象を与えてしまいます。
いい加減な電話の切り方では、この人は自分と電話をするのがどうでもいいと思っているのだと思われてしまいます。

電話が切れる音を聞くのはあまり気持ちのいいものではありません。電話が終わるまでけして気を抜かずに相手から電話を切るのを待つ気持ちでいることが大切です。

ビジネスにおいて、電話のマナーは必須なので相手も当然マナーを心得ています。それによりお互い気を使いすぎてタイミングが合わないこともあります。

こういった場合は電話をかけてきた方から先に切るのがマナーです。相手が電話を切ったことを確認してからこちらが切ることを忘れないで下さい。

まとめ

社会人として働くうえで正しい言葉遣いとマナーを身につけることが絶対条件です。
電話の応対くらいなどといい加減な気持ちでいたら、せっかくの大きなビジネスチャンスを逃すことになりかねません。どんな相手と電話をする時でも正しいマナーと言葉遣いをを心掛けましょう。

関連記事

2019年11月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る